fc2ブログ
ランサーズ
メールお待ちしています。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
コメントありがとうございます。
トラックバック頂きました。
あけがらすブログ 記事検索の窓
こんな仕事できます。
CDラック
FoxMeter
Firefox3 Meter firefox愛好会
TopHatenar
ブログが作りたい!
ブログつくりたい
目次を付けました。
カテゴリー
こんな記事書きました。
地域別のアクセス状況

ジオターゲティング
タグで探せる、過去の記事!

ロンバケ ナイアガラ 大瀧詠一 男鹿 はまはげ 秋田 災害 防災 秋田市 献血 firefox 焼きそば ゴスペル ラーブロ ブログ ラーメン 近江商人 外貨 GDP 仕事 ランサーズ 工房 横手市 増田 ギフト ことログ 五城目 雑貨 日本酒 南通 パン きゃろっと 鹿角 フォント フリーソフト さにさた 新政 酒蔵 あけがらす 明烏 セリオン RSS Thunderbird ACB ブラウザ 朝市 神岡 大仙市 直売所 野菜 クロトサカ 朝日放送 ブログパーツ 鉄板焼 金足 中華 追分 お好み焼 酒屋 八郎潟 エフエム 通町 保戸野 眼鏡 ラジオ テレビ 建築 設計 潟上市 天王 火狐 Sleipnir Safari Opera 寝具 布団 由利本荘市 丸型ポスト 角館 料理 仙北市 土崎 仙北 武家屋敷 ババヘラ 山本 能代 美郷町  なまはげ 温泉 漬物 料亭 懐石 工務店 美郷 不動産 音楽 和酒 コーヒー 珈琲 ハーブ アロマ 香草 建設 桂文楽 甘納豆 黒門町 

シムエントリ
秋田の情報ブログパーツ。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

情報ブログリスト
情報ブログ
BlogPeopleにもお願いします。

明烏ブログを登録して下さい

ブロとも申請待ってます。

この人とブロともになる

HeartRails Badge
RSSフィード

年始に芝浜。

昨日の「今夜も大入り!渋谷・極楽亭」の放送内容にビックリしました。
http://www.nhk.or.jp/r1/gokuraku/kako/09/1_03.html

年始に芝浜!に驚いた訳でなく、森口博子が前座名「立川志ろ子」として芝浜を演じたのです。大ネタである芝浜を落語初挑戦として大幅に端折って15分弱にしたのは御愛嬌としても、素人評価としては流石の出来だと思いました。たった2日間の稽古とは思えないほどの熱演ぶりでしょう。

昨年は、にしおかすみこも春風こえむ(小M)として落語家デビューしていますから、女性タレントも日本の古典芸能である落語の再評価が高まっていくことになるでしょう。演じたネタは桃太郎だったはずですが、新作落語のこうもりにも挑戦していました。
スポンサーサイト



芝浜。

この10年ぐらい大晦日のこの時間は、落語の芝浜を聴いています。

王子様、星へ。

五代目三遊亭圓楽、死去。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009103000632

最初に、五代目三遊亭圓楽という落語家を知ったのは多分にもれず笑点でした。
「星の王子様」と挨拶していたのが印象的で、落語や落語家という存在を知ったのもこの頃でした。

若手落語家としては、七代目立川談志、三代目古今亭志ん朝、五代目春風亭柳朝「四天王」と呼ばれた時期もあり、早くから注目されていました。その後、笑点などでの活躍は周知の通りですが落語協会分裂騒動以降は落語に専念できない事情もあったようです。

それでも、自分の名跡を弟子の三遊亭楽太郎に生前贈与として譲り三遊亭圓楽として、落語史上初の二代揃い踏みも期待されていましたが、叶わぬ夢に終わったのは関係者だけでなく愛好者にとっても心残りだったでしょう。「勉強して出直して参ります」と言ったのは八代目桂文楽ですが、当代三遊亭圓楽は、落語家として隠居していましたから「六代目、後は任せたよ」と言ったのかもしれません。

王子様は星へ帰っていきました。
謹んでご冥福をお祈りします。

お台場寄席。

久しぶりの落語ネタになります。

ネタ探しに時間を掛けていたつもりは無いのですが、このブログ更新よりも優先することがあったので横着していました。

今回の演目は明烏。
黒門町の師匠直伝の明烏ですから、安心して楽しめるはずです。
http://fujitv.cocolog-nifty.com/yose/2009/08/post-b536.html

強情灸。

今週の「お台場寄席」は、橘ノ杏奈の強情灸です。
見せる場面が多い噺だけに、音源だけで楽しむには難しい噺の一つです。

5月21日『強情灸』橘ノ杏奈
http://fujitv.cocolog-nifty.com/yose/2009/05/post-e095.html

強情灸という演目は五代目古今亭志ん生の音源を持っているので、よく聞くことが多い噺の一つです。熱い風呂に入るたびに思い出す小噺があります。
熱湯に入った男が強情を張り、
「あー、ぬるい、トホホホ、あんまりぬるいんで気が遠くなっちゃった」
「うん、ぬるくて、足に湯が食いつくね」
「ぬるいってのに、あー、なんだ、こっちを向くな。動くんじゃねえっ」
千字寄席「強情灸」より。
http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2005/08/post_4bf7.html

橘ノ杏奈 公式フロフィール
http://www.geikyo.com/profile/profile_detail.php?id=35

橘ノ杏奈のブログ
火曜サスペンダー劇場 『落語家・橘ノ 杏奈の日常事件ファイル9』
http://annas3mirrorroom.blog42.fc2.com/

この音源を聞いているとサニーデーサタデーやしこばさんと、声や言い回しが似ているような気がします。

幾代餅。

本日、更新されたぽっどきゃすてぃんぐ落語の演目は「幾代餅」林家たけ平でした。

幾代餅林家たけ平
http://www.podcastjuice.jp/rakugo/2009/04/48-54d5.html

林家たけ平公認応援ブログ
http://blog.livedoor.jp/takehei_hayashiya/

幾代餅は大好きな演目の一つですが、紺屋高尾との違いが今もわかりません。
誰か教えて下さい、演目だけ違うというのは無しで・・・

味噌蔵。

最近、地元新聞で楽しみにしている連載記事があります。
「知ったかぶり落語名場面」というタイトルです。落語に馴染みが無くても、演目や演者を一度ぐらいは聞いたことがあると思います。

3月19日の内容は、味噌蔵でした。
そこで以前、ぽっどきゃすてぃんぐ落語で紹介されていましたのでリンクしておきます。

2月25日「味噌蔵瀧川鯉橋
http://www.podcastjuice.jp/rakugo/2009/02/225-4711.html

くれぐれも、豆腐田楽にご用心。